『夢の家』が叶える家族の笑顔があふれる生活
レンガ調のタイルでアクセントをつけた外観。塩原さんご夫婦が展示場でひと目で気に入った、
一条工務店ならではの上質な雰囲気をそのまま生かした。

ご夫婦とお子様の3人暮らし。土地探しから家づくりまで、皆で協力してとりかかった。

気軽に出かけた展示場での運命の出会い

広く取ったリビング。大きな窓を合わせることで、より広々した印象に。

広く取ったリビング。大きな窓を合わせることで、より広々した印象に。

「展示場は、土地が決まっていないとなんとなく行きづらいところ」というイメージを持っている人も多い。しかし、実際はそうではない。展示場は「家に関する相談所」。家に関して考えていること、思っていることを気軽に相談してみる場所なのだ。
「家づくりを考え始めたのは、子供ができたことがきっかけでした」という塩原さん夫妻。『一条』との出会いは住宅展示場だった。「イベントをしていたので、軽い気持ちで出かけていったんです。」そこで出会ったのが、営業担当の加藤さんだった。
最初は、土地も決まっていなかったご夫妻。「間取りの取り方も、かかるお金の額も、まったく分からない状態でした。でも、加藤さんと話していくうちに、自分たちが住みたい土地も浮かび上がり、家自体もイメージができました。」特に家に関しては、完成間近の住宅を見学に何度も行き、現実味のあるイメージを膨らませることができた。

見て実感、住んで体感!夢の家の住みやすさ

奥様お気に入りのキッチン。窓から入る光で、明るく家事のしやすい場所に。

奥様お気に入りのキッチン。窓から入る光で、明るく家事のしやすい場所に。

「家づくりをした中で一番印象に残っているのは、『住まいの体験会』でした」と奥様。住まいの体験会とは、家づくりの工程を見学できる一条独自のイベントだ。中でも、サッシの実験コーナーが印象に残っているとか。「『一条』のサッシは、外気の暖気や冷気を家の中に伝えないんです。それに結露ができないんです。以前住んでいた家は、カーテンがビショビショになるほど結露がひどくて。でも、『一条』ならこの窓が標準装備だし、もう毎朝窓拭きをしなくてもいいんだ、と思うと嬉しくて!(笑)」
この窓の秘密は[高性能樹脂サッシ]を使用していること。一条独自の特殊加工で窓からの熱の出入りを強力に防御!“室温の逃げ道”としてでなく、“光の入り口”として、心置きなく窓を大きくとることができた。
「土地探しから『一条』でお願いしたのが、結果的によかったですね。いい土地を見つけて、その土地に合った家づくりをする。土地・建物トータルで考えて、はじめて“本当にいい家づくり”ができるのだと思います。そのことを教えてくれた加藤さんには、本当に感謝しています」
両親が泊まりに来たり、友人を招いたり。皆と過ごす時間を大切したいというご夫婦の夢は、この『夢の家』で叶えられていく。