家族への想いが詰まった、7人が暮らす[夢の家]

前橋市在住。1階に4人、2階に3人が生活する2世帯住宅。すっきりとした外観は、どの世代にも受け入れられるデザイン。

いちばんの決め手は絶対的な信頼感

1階リビング。出窓下のキャビネットは、物が収納しやすく便利。扉は壁の腰板と統一されたデザイン。

1階リビング。出窓下のキャビネットは、物が収納しやすく便利。扉は壁の腰板と統一されたデザイン。

7人のご家族が一緒に暮らす森村さん邸。ご長男ご夫婦が、子供を授かったのをきっかけに建て替えを考えはじめた。
『一条工務店』に決めたのには理由がある。営業担当の五十嵐さんは、ご長男が大学時代を共に柔道部で過ごした仲の良い後輩。
家を建てる時には、絶対彼に頼もうと思っていました。また、『一条』さんとは仕事上でもおつきあいがあり、現場も見ています。
他社と比べても構造や材料がしっかりしているのがわかって、安心できますね」とご長男は大きな信頼を寄せている。

ご家族の希望や思い描くイメージが設計士の手で具体的な形になっていき、できあがったプランは期待以上のもの。丁寧な説明もあり、図面から想像する新しい家への期待は膨らんだ。着工以降、敷地内の仮住まいからいつも見守っていたお母様は、「大工さん達の丁寧な仕事振りに感激の毎日でした」と話してくれた。

それぞれの世代が満足の[夢の家]

イメージどおりに仕上がった2階のリビング。インテリアアドバイザーから提案された照明もお気に入り。

イメージどおりに仕上がった2階のリビング。インテリアアドバイザーから提案された照明もお気に入り。

森村さん邸は1階、2階それぞれにリビングと水回りがあり、玄関は共通となっている2世帯住宅。
若い世代が暮らす2階のリビングはオープンキッチンを中心に、明るく広がりのある空間が生まれた。奥様のご希望で設けられた畳スペースは、娘さんが遊んだり、お雛様を飾ったりと生活に彩りを加えるポイントとして重宝している。
一方、1階のキッチンはL字型で、料理をしながら見える外の景色に心が和む。以前の家では間取りの不便さを感じていたが、キッチンから洗面所、浴室、トイレと無駄なくつながる動線が叶った。
そして、お母様の思いが込められているのが、1階リビングと廊下を区切る引き戸。2階で生活する息子さんご夫婦とお孫さんが入りやすいようにと、あえて部屋の様子がわかりやすい透明なガラス戸を選んだ。

玄関付近の人の動きが見えるリビングの引き戸。階段下収納は大容量。

玄関付近の人の動きが見えるリビングの引き戸。階段下収納は大容量。

昨年9月に入居し、ひと冬を越した森村さんだが、寒い時でも起きる前に1時間ほどタイマーで床暖房を入れておけば、快適に過ごせた。気になっていた光熱費も抑えられ、[夢の家]の高気密構造と省エネ性を実感している。さらに、窓に採用されている「複層Low-Eガラス付樹脂サッシ」は冷暖房効率が高く、遮音性にも優れていて、窓を閉めれば脇の道路を走る車の音や、雨が降っていることにも気づかないほど静かだという。
収納も充実しており、玄関と階段下にある大容量収納や、キッチンの食品庫、寝室のクローゼットなど、7人家族でも十分に余裕のあるスペースだ。
適度な距離感が心地よい2世帯住宅。プライバシーを確保しながらも、子供の世話をお願いしたり、必要な時にはすぐ行き来できたりと、コミュニケーションを取りやすい。
「家をきれいに長持ちさせたいので、掃除を手伝うようになりました。それに、仕事が終わったら早く帰って家族と一緒に食事する日が増えましたね」とご長男は嬉しそうに語ってくれた。
将来は自立していく兄弟や子供が、いつでも帰ってこられる温かい家。それが森村家の人々が願う「夢の家」の姿だ。