生活スペースのほぼ100%をカバー 家中の温度差がほとんどない全館床暖房

1.からだの芯まで暖まる

一般的なエアコン暖房では、温度設定を上げても、足元は冷えたまま、頭がボーっとすることがあります。これに対して床暖房は、遠赤外線を使用した「ふく遮熱暖房」で、じんわりと足元から体の芯まで温めることができます。さらに、一条では温水パネルを床の大部分に敷設するので、部屋中がほぼ同じ暖かさ。冷え性の女性やお年寄り、リウマチの方にも好評です。

エアコン暖房(対流式)と床暖房(ふく遮熱式)の比較


2.上下の温度差が小さい
温水式床暖房パネルだから、部屋の温度のムラがなく、ちょうどいい暖かさをキープ

部屋の上下で温度のムラが少ないので、エアコンのように部屋を暖めても足元が冷える悩みも解消。
一条の実験データによると、エアコン暖房は部屋の上下の温度差が約3~7℃、床暖房は1℃以内。しかも床暖房の足元の温度は約20℃で体温より低いから、ほどよいぬくもりが得られます。

エアコン暖房(対流式)と床暖房(ふく遮熱式)の比較


3.家じゅうの温度差が小さい
廊下もトイレもリビングと同じ暖かさ。血圧の高いおじいちゃんもお気に入り

暖かいところから寒いところに行くと血圧が急激に上がる、ヒートショック現象は、真冬のトイレや洗面所でお年寄りが倒れる一因。一条が提案する「全館床暖房」は、リビングルームはもちろん、各居室、洗面所、脱衣所、浴室、トイレ、廊下、階段ホール、ウォークインクローゼットまで、暖かさが行き渡ります(生活スペース敷設率ほぼ100%)

実大温熱環境実験棟の床暖房敷設図


4.ランニングコストが安い
小さなエネルギーで家全体が暖められるから、燃料代も気になりません!

一条では温水式床暖房のお湯を暖めるエネルギー源を吟味した結果、寒冷地では設置費や燃料費が割安な灯油ボイラー方式を採用。
ランニングコストは電気ヒーター式床暖房の役1/3もおトクです。温暖地域では、エネルギー効率に優れた電気ヒートポンプ式を採用。消費電力の約3倍の熱を活用できる省エネタイプです。

夢の家 - 全館床暖房のランニングコスト

まだまだあります。床暖房のメリット


後悔しない家づくりの第一歩は、疑問を感じたらすぐに解決すること!初めてのことは誰しも不安や分からない事ばかり…。疑問に思ったことはすぐに解決するのが、いい家づくりの基本です。小さな疑問も一つひとつ解決することで、後悔しない家づくりに繋がります。是非お気軽に我々にご質問ください。

お問い合わせやご相談、お近くの展示場はこちらからお問い合わせ・ご相談はこちら住宅展示場営業所のご案内

謹んで震災被害のお見舞いを申し上げます。被災地の一日も早い復興をお祈り申し上げます。

ページの先頭へ戻る