耐震 - Aseismatic -

巨大な地震エネルギーにも耐える6面体モノコック構造です。

巨大地震の際、住まいには瞬間的に10tもの力がかかることがあります。その力を、もっとも安全・確実に受け止められるよう、「夢の家」の構造体には、強靱な箱形に仕上げるモノコック構造を採用しました。柱・梁・土台を、構造用のパネルで一体化。地震などの外力を建物全体で受け止めて、高い耐震性能を発揮します。

巨大な地震エネルギーにも耐える6面体モノコック構造

水平面の外力にも強い「剛床」。1・2階とも標準施工

水平面の外力にも強い「剛床」。1・2階とも標準施工地震の力はどんな方向から建物を襲うかわかりません。ときには床を捻るような水平面の力もかかり、その力に床が耐えきれないと、建物が倒壊する恐れがあります。そこで、「夢の家」には、堅固な剛床を採用しました。2階には厚さ32mm、1階には厚さ24mmの構造用合板を梁や大引きなどに直接打ち付けて施工。建築基準法をはるかに上回る剛性で、外部からの力を分散・吸収します。

堅固な基礎が「夢の家」の安心を、さらに高次元へ

堅固な基礎が「夢の家」の安心を、さらに高次元へ阪神淡路大震災で、一条工務店の家は全半壊ゼロ。その当時の基礎の性能をさらに高めたのが、この高耐久・高耐震基礎です。立ち上がり部分の幅は、165mm(一部のタイプを除く)。主筋には16mmの異形鉄筋を配置、もっとも負荷がかかりやすい隅部はホールダウン金物やコーナーベースで強化しています。この何重もの耐震設計が巨大な地震エネルギーを地面に分散させて逃がすことにより、建物をしっかりと守り抜きます。

住宅免震のパイオニアとしての誇りと実績。

一条ハイブリッド免震構法2004年4月、一条工務店は一条ハイブリッド免震構法に、住宅免震としては第1号となる建設大臣(当時)「一般認定」を取得。個別の認可にかかっていた時間や約400万円もの費用が不要になり、一般の木造住宅と同じ手続きで免震住宅が建てられるようになりました。
一条ハイブリッド免震構法は地震の揺れを1/3~1/4に低減して、テーブルの上のワイングラスさえ倒れない確かな免震性能を発揮。実際に起きた地震でも、お客さまのお住まいで優れた安全性を実証しました。しかも総2階建・40坪の住まいで273万円(税込)という低価格を実現。約60年間メンテナンスフリーという点も魅力です。この数々の技術的アドバンテージにより、戸建免震住宅での受注実績は業界No.1の2,700棟を達成(2008年6月現在)しています。

(株)ブリヂストンと共同開発

(株)ブリヂストンと共同開発技術的&コスト的な問題から困難とされてきた免震構法。(株)ブリヂストンとの共同開発により、「積層ゴム」と「スライダー」を組み合わせた日本発の技術が生まれました。

謹んで震災被害のお見舞いを申し上げます。被災地の一日も早い復興をお祈り申し上げます。

ページの先頭へ戻る